FC2ブログ

北海道 ニセコ高原の ペンション カントリー イン ミルキーハウス オーナーのブログ。 ただ泊まるだけじゃおもしろくない、北国の感動を分けてあげる。  HP本編は、 http://www.niseko-milky.com

プロフィール

milky240

Author:milky240
北国の風土溢れるウッディーなつくり、北海道No1ペンション カントリー インミルキーハウスのblog。ただ泊まるだけじゃおもしろくない、田舎暮らしと、北海道のBIGなアウトドアーを体験できる、リゾートメニューをいろいろ提案しています。早朝の 「牧場ツアー」では、牧場見学・森のコンサートホールでアルプホルンのミニ・コンサート,野草のフラワーウオッチングなど、ニセコの旬の楽しみを案内いたします。

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 未分類  
ビニールハウスの収穫が、目を離せない。 夏の間、極暑のためにサウナのようになってしまったり、タイマーで、水やり時kんを調節してても 充分に水が行かない作物もあって ビニールハウスに入るのも ドキドキでした。
 熟れた野菜が どれかも次第に解ってきた。 午前中の収穫が、こんな感じ。
03(5).jpg

03_201809101631090f0.jpg

02_20180910163111ed7.jpg

02(4).jpg

01(6).jpg

収穫した野菜は、オードブルに入ったり、魚料理や 肉料理の付け合わせに使う。  8月下旬から 食卓ががぜんと豊になってきた。、

dinner08.jpg

今日のオードブル : カナッペ、スモークサーモンとかぼちゃのピューレ、ジャガイモのロスティー、牡蠣のグラタン、自家製枝豆、ナスのチーズ焼き
01(1).jpg
スポンサーサイト


ミルキー農園で いもほりはじまる
Category: 未分類  
5月から準備を始めていた ミルキー農園。 5/20に、いもまきが終わって 7月はじめに一面のいもの花が咲いた。
今年は、ひどい天候で危ぶまれていたが、昨年を上回る 収穫になりました。
11_20180910092301e88.jpg
約250坪のいも畑、400kgのジャガイモが収穫されました。 残念なのは、昨年と同じところに植えたため 全体的の小ぶり、、
01(5).jpg

秋以降、来年の冬まで ジャガイモは、億アクサンの食卓を彩ります。


地震の後
Category: 未分類  
東胆振地震、震源地の 厚真町は、震度7の激甚で 地形が変わるほどの 大震災となった。被災地の方々には、心から
お見舞いを申します。 9/6 深夜3時ごろ 進藤に飛び起きた。
地震そのもは、 ニセコ地区では、震度3で 全く たいしたことなかったけれど。  その後に続いた 停電が、経験したことのない受難。 この辺では、普通停電は、発生後30分ほどで すぐに回復するのが常識で、たかをくくってた。

 それに、その日に道北の 初山別中学校の修学旅行があったんです。
大きなホテルだと 受け入れを断ったみたいですが、水もガスも出るので 修学旅行だからと 快諾したんですが、お湯がでない、ヘッドライトを付けての食事の準備、こんなことうちのペンション、38年の歴史にもなく大変!

09.jpg

夕食を繰り上げて5時から、7時から キャンドルライトの中で オーナータイムをやったり 宿泊自体は、すごく盛り上がって 生徒さんには喜んでもらいました。
2~3日は、停電続くか? と思ってたところ、次の日、深夜3時ぐらいに 通電、さっそくお風呂を入れて 入ってもらいました。
ハッピーエンドで終わった、良い思い出になりました。
08_201809100923064cd.jpg


夏も過ぎて
Category: 未分類  
asagiri.jpg

真剣に夏してると思ったら、朝晩が冷え込んで、長袖が手放せない今年の夏。
前線が、入れ替わりに通過して、曇りがちの日が目立つこの頃。
早朝の牧場ツアーは、6時半に出かけるが、毎日すばらしい雲海を楽しんでいます。
標高400mのミルキーハウスから、ニセコ高原をおおう雲海が、すがすがしい朝の気分を盛り上げます。 ここに泊まってよかった。そして、早起きしてよかったと、みんなが思う時です。
aasamoya.jpg


毎日、曇りっぽい日が続きます。 まるで、7月の梅雨の季節に戻ったみたい。
早朝の牧場を目指して、農道を下っていくと、農道の両脇には、オオイタドリの白い花が咲いています。
原野や、林道を埋め尽くしていた、旺盛なイタドリも、秋の近いことをつかんだようです。
夏の代表的な植物のイタドリは、気温が下がってくれば、花を付けて、種を育てて子孫を残そうとするのです。 夏を通り越して、秋の草花が目立ってきました。
バスは、雲海の白い朝靄に入っていきます。正面は、昆布岳(1045m)、飛行機の尾翼のような頂上が、特徴です。
konnbudake.jpg
<

8時頃になれば、羊蹄山(1898m)も稜線を見せてきます。
地元では、蝦夷富士、と愛称で呼ばれるこの山は、この地方の心のふるさと。
エゾ富士


羊締メロン大好き 
Category: 未分類  
P_20180612_075147_LI.jpg
オーナーが、初めてニセコに来たのは、1978年春。 ニセコの牧場で酪農の実習生を半年やってた。
このときにお世話になったのが、宮田地区にあった 高木牧場。50頭ほどの乳牛の世話と、奥さんが始めた メロン栽培の下働きをしてた。 酪農は、恵庭の牧場で1年ほど経験してたから 要領は解ったが、メロン栽培 畑仕事は、初めてのことで 今から思えば 大変迷惑かけてたことばかり、本当に頭が下がる。

P_20180612_075137.jpg
天候の 移ろいにあわせて 水をやったり トンネルのビニールシートを開け閉めしたり、大変な仕事だと思った。
高木さんも 畑作専業になって、今や メロンとトマトの巨匠。 メロンなんかは、なかなか手に入らないほど。
昔は、メロンは、キングメルテといって、黄緑のびっくりするほど甘く熟すメロンが、主流。 今では、出荷後すぐ野宿しすぎてしまうので 人気にもかかわらず、下火になり。 赤肉のルピアレッドが主流になっている。

P_20180612_075152 (2)
主に北海道中心で栽培され、積丹半島の西側付け根にある雷電海岸にちなんで「らいでんメロン」と呼ばれることもあります。
果肉は濃橙色で厚く、糖度は16度内外と高く安定し、メルティング質で食味が良いのが特徴です。


リタイアー と 新人到着
Category: 未分類  
ミルキーハウスがオープンして 今年で38年になる。 この間、 2代の冷蔵庫が働いてきた。
ミルキーハウスの一番の働き者だと思います。 停電でもない限り 働きどうしの毎日。ボンボン燃え上がっているボイラーは
ハードワーカーみたいだけど、お客さんの入りによって 稼働は左右されるが、冷蔵庫は、365日間 無休で 動き続けてる。
01(3).jpg
星崎 倶知安営業所に 注文を入れる。今日が、業務用冷蔵庫の 入れ替えの日。 まずは、金属19年目の 冷蔵庫を撤去。
収納されていた食品を 一時的に取り出し 中をきれいにしてあげる。

01(2).jpg

前お礼増古賀、冷えなくなり、猛暑の夏の繁忙期に 不安を感じていたところ、配管にガス漏れも見つかった。
これが、新しい冷蔵庫53万円の 最新鋭機、 電気代も1万円 安くなるといわれて 即決した。
04_20180903202855bed.jpg

冷蔵能力も 強力で開け閉めしても すぐに庫内温度が下がっていく。 モーター音も至って静音。
02(2).jpg
03(2).jpg


土田 英順さん 6/24東日本大震災チャリティコンサート  
Category: 未分類  

今から30年ほど前

  オーナーが まだ青年といった感じの若かったとき、土田さんを ペンションに迎えて

クラシックの室内楽のコンサートを 10年間ぐらい続けていた。

これが縁で うちの奥さんに知り合ったりしたから オーナーの人生では、VIP 人生をつくってくれたキーパーソンだ。

 テレビの コメンテーターで活躍してると思ってたら、今では東日本大震災チャリティ  チェロコンサートで、各地を回ってコンサートを続けられている。Pamuhole55.jpg

今回は、蘭越町にある パームホールで行われるのを聞きつけて

妻と久しぶりに 室内楽のコンサートを楽しんできた。

パームホールは、地元の金子さんが、生の音楽を地元に根付かせてくれているニセコのオアシスみたいなところ。こんなホールもあるんだと 感激した。

Pamuhole56.jpg


ニセコ花園リゾート、モイワスキー場に動き
Category: 未分類  
dousinn1.jpg
dousinn2.jpg


ニセコ町 SDGsに 選定
Category: 未分類  
niseko_city1.jpg
niseko_city2.jpg


ニセコクラッシック 自転車ロードレース
Category: 未分類  
bike_race.jpg
 ニセコクラッシック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。